モットル(英語表記)Felix Mottl

世界大百科事典 第2版の解説

モットル【Felix Mottl】

1856‐1911
オーストリアの指揮者。ウィーン音楽院で指揮と作曲を学ぶ。1876年バイロイト祝祭劇場のこけら落しで《ニーベルングの指環》初演にあたり,ワーグナーの補助指揮者を務め,以来熱烈なワーグナー・ファンとなる。1881‐1903年カールスルーエ宮廷歌劇場指揮者を務め,ワーグナーの楽劇すべてを上演したほか,ベルリオーズなどのオペラを紹介した。ワーグナー指揮者として,バイロイト,ロンドン,ニューヨークで活躍,03年ミュンヘン宮廷歌劇場音楽総監督に就任した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android