コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モットル Felix Mottl

世界大百科事典 第2版の解説

モットル【Felix Mottl】

1856‐1911
オーストリアの指揮者。ウィーン音楽院で指揮と作曲を学ぶ。1876年バイロイト祝祭劇場のこけら落しで《ニーベルングの指環》初演にあたり,ワーグナーの補助指揮者を務め,以来熱烈なワーグナー・ファンとなる。1881‐1903年カールスルーエ宮廷歌劇場指揮者を務め,ワーグナーの楽劇すべてを上演したほか,ベルリオーズなどのオペラを紹介した。ワーグナー指揮者として,バイロイト,ロンドン,ニューヨークで活躍,03年ミュンヘン宮廷歌劇場音楽総監督に就任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

モットルの関連キーワードブルックナー(Josef Anton Bruckner)ガイ・デ プルタレースバイエルン国立歌劇場メトロポリタン歌劇場ニコライ マルコ8月24日斑紋病