モディ

百科事典マイペディアの解説

モディ

インドの政治家。第18代インド首相。ナレンドラ・ダモダルダス・モディが正式名。インド人民党所属。グジャラート州出身。グジャラート大学で政治学を学ぶ(政治学修士)。2001年よりグジャラート州首相として手腕を発揮,3選されて2014年まで務める。卓越した行政手腕に加え,汚職事件が頻発するインド政界にあって,清廉な政治家として民衆的支持を集めた。州首相として新自由主義的な経済改革を推進,グジャラート州の経済成長をインドで最も高い水準に押し上げ,国民的レベルの人気政治家となった。2014年5月の総選挙でインド人民党が勝利し,首相に就任。2014年8月に初来日し安倍首相と首脳会談をもち,超大国中国への牽制を踏まえて〈日印特別戦略的グローバル・パートナーシップに関する東京宣言〉を発表,外務・防衛問題から経済分野まで協力関係を拡大していくことを確認した。その一方,就任直後の2014年5月には中国・李克強首相に〈インドの外交政策にとって中国は常に最優先国〉と伝えたとされるなど,全方位的な姿勢を示している。モディは宗教的にはヒンドゥー至上主義者とみられ,インドとの懸案をかかえるパキスタンをはじめイスラム諸国との関係の構築が注目される。インドの国際的イメージを傷つけている多発するレイプ事件をはじめ山積する国内問題への対処に改革手腕が発揮できるかが問われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モディの関連情報