モデュラープラン(読み)もでゅらーぷらん(英語表記)modular planning

図書館情報学用語辞典の解説

モデュラープラン

図書館建築における空間用途の融通性を最大限に求める平面計画手法.階段,トイレなどの用途固定スペースを除いて,建物全体の空間用途・機能を固定させず,書庫,閲覧,事務・作業のいずれにも利用できるモデュールと呼ばれる長方形または正方形の基準区画でつくる.図書館のサービスや蔵書量の変化に応じて,可動間仕切りの移設程度で容易に用途を転換できることを利点とする.1930年代に米国で提唱され,1940年代以降に大学図書館建築に定着し,1960年代には日本でも国際基督教大学図書館で採用された.しかし建築費用がかかるなどの理由から,米国では1960年以降事例が減少し,日本でもその後の完全な採用例はない.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android