コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モデル・ビルディング model building

世界大百科事典 第2版の解説

モデル・ビルディング【model building】

経済システムの計量モデルを作ること。経済理論は,経済システムを連立方程式体系として記述する。たとえば国民所得利子率,政府支出,貨幣供給量をそれぞれY,r,G,Mとし,消費関数,投資関数,貨幣需要関数をそれぞれC(Y),I(r),L(r,Y)で表すとき,ケインズ理論ではYC(Y)+I(r)+G,ML(r,Y)の連立方程式の解として国民所得,利子率が決まると考えられている。経済理論のこのような記述は定性的なものにすぎない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

モデル・ビルディングの関連キーワードモデル・ビルディング実験計画法計量経済学識別問題クライン誘導形

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android