モナリザ仮説(読み)モナリザカセツ

デジタル大辞泉の解説

モナリザ‐かせつ【モナリザ仮説】

MONA LISA hypothesis交感神経の活動低下と肥満との間には密接な関係があるとする説。米国のジョージ=ブレイが1991年に提唱。モナリザ症候群
[補説]MONA LISAはmost obesities known are low in sympathetic activity(大部分の肥満は交感神経の活動低下による)から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android