コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モニエル・ウィリアムズ Monier Monier‐Williams

1件 の用語解説(モニエル・ウィリアムズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モニエル・ウィリアムズ【Monier Monier‐Williams】

1819‐99
イギリスインド学者。ボンベイに生まれイギリスに学ぶ。ヘーリーベリー大学教授(1844‐58)を経て,1860年よりオックスフォード大学サンスクリットの教授を務める。72年に刊行された《サンスクリット・英語辞典》は現在も最も多く利用されているサンスクリット辞典である。《英語・サンスクリット辞典》(1851),《ナラ王物語》の教科書用校訂(1860),《シャクンタラー》の翻訳(1872)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

モニエル・ウィリアムズの関連キーワードおらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本バジードー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone