モニカ メーソン(英語表記)Monica Mason

現代外国人名録2016の解説

モニカ メーソン
Monica Mason

職業・肩書
元バレリーナ 元英国ロイヤル・バレエ団芸術監督

国籍
英国

生年月日
1941年9月6日

出生地
南アフリカ・ヨハネスブルク

学歴
英国ロイヤル・バレエ学校卒

勲章褒章
OBE勲章〔2002年〕

受賞
サリー・ローハンプトン大学名誉博士号〔1996年〕,エリザベス2世戴冠賞〔2011年〕

経歴
14歳で英国に渡り、ネスタ・ブルッキングに師事し、ロイヤル・バレエ学校に学ぶ。1958年16歳で最年少団員としてロイヤル・バレエ団に入団。’63年ソリスト、’68年プリンシパルに昇進。マクミランに認められ、ロイヤル・バレエの中核ダンサーとして活躍。得意なレパートリーに「白鳥の湖」「ジゼル」「レ・シルフィード」「チェック・メイト」など。ダンサーを退いた後は、’84〜91年首席レペティチュール(振付補佐)、’91年〜2002年芸術監督補を経て、2002〜2012年芸術監督。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android