モニク ルディエール(英語表記)Monique Loudières

現代外国人名録2016の解説

モニク ルディエール
Monique Loudières

職業・肩書
バレリーナ 元パリ・オペラ座バレエ団エトワール,元カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校校長

国籍
フランス

生年月日
1956年4月15日

出生地
パリ

学歴
パリ・オペラ座バレエ学校卒

経歴
1967年パリ・オペラ座バレエ学校に入学。’72年同バレエ団に入団、’73年カドリーユ、’74年コリフェ、’80年スジェ、’81年プルミエール・ダンスーズに昇進。’82年「ドン・キホーテ」の成功によりエトワールに任命される。以来、オペラ座ダンサーのなかでも、最も調和のとれた輝きを放つ存在として活躍。マニュエル・ルグリとのパートナーシップが名高い。当たり役に「ジゼル」「ロミオとジュリエット」「ラ・シルフィード」「ラ・バヤデール」「イン・ザ・ナイト」「オネーギン」など。2001年〜2009年1月カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校校長・芸術監督を務めた。1985年以来公演で度々来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android