モニターリング(読み)もにたーりんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典「モニターリング」の解説

モニターリング

社内の情報伝達の監視傍受をすることによって、個人データの安全管理を行なう、内部統制の1手段。従業者のモニターリングを行なう際には、従業者のプライバシーの侵害にあたるかどうかが問題となる。実際に2001年、上司部下のメールをモニターリングしていたことがプライバシー侵害にあたるとして裁判も起こされている(地裁・平成13)。こうした事例背景に、経済産業省は04年、個人情報保護法のガイドラインの中で「従業員のモニターリングを実施する上での留意点」を述べている。具体的には(1)モニターリングの目的をあらかじめ特定、明示すること(2)モニターリングの責任者と権限を定めること(3)実施の際には社内規定を策定、徹底すること(4)実施状況を適宜監督、確認すること、などである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android