コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ Monumenta Germaniae historica

1件 の用語解説(モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ【Monumenta Germaniae historica】

ドイツ中世史の史料集。略号MGh。プロイセンの宰相であったK.R.vom und zumシュタインが,政界引退後,ドイツ民族の統一を悲願とし,1819年ドイツ古史学協会Gesellschaft für ältere deutsche Geschichtskundeを創設,若くしてすぐれた歴史家ペルツGeorg Heinrich Pertz(1795‐1876)の協力で編集が開始され,ゲルマン民族に関する紀元500年から1500年までの主要史料を,可能な限り厳密な原典批判を加えて編纂・刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカの関連キーワード北ドイツ連邦史料編纂所大日本史料ドイツ騎士団ドイツ帝国プロイセン統一ドイツ高村象平宝月圭吾山口啓二

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone