コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ Monumenta Germaniae historica

世界大百科事典 第2版の解説

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ【Monumenta Germaniae historica】

ドイツ中世史の史料集。略号MGh。プロイセンの宰相であったK.R.vom und zumシュタインが,政界引退後,ドイツ民族の統一を悲願とし,1819年ドイツ古史学協会Gesellschaft für ältere deutsche Geschichtskundeを創設,若くしてすぐれた歴史家ペルツGeorg Heinrich Pertz(1795‐1876)の協力で編集が開始され,ゲルマン民族に関する紀元500年から1500年までの主要史料を,可能な限り厳密な原典批判を加えて編纂・刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカの関連キーワードシュタイン(Heinrich Friedrich Karl Reichsfreiherr vom und zum Stein)マイヤー(Theodor Mayer)ワイツ(Georg Waitz)ラッペンベルクT. マイヤージッケル年代記史学史ワイツ古文書

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android