モノクロメータ(英語表記)monochromator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノクロメータ
monochromator

単色分光計ともいう。いろいろな波長を含んだ光のなかから,ある特定の波長の光 (単色光 ) を選び出すための光学器械。普通は入射スリット,コリメータレンズ (または凹面鏡) ,分散系 (プリズム,回折格子など) ,結像レンズ (または凹面鏡) ,出射スリットからできている。分光光度計の主要部はモノクロメータである。もっと広い意味では光に限らず,電子線や粒子線をそのエネルギーに従って分散させ,特定のエネルギーのものだけを選び出す装置をいうこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android