コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノクロメータ monochromator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノクロメータ
monochromator

単色分光計ともいう。いろいろな波長を含んだ光のなかから,ある特定の波長の光 (単色光 ) を選び出すための光学器械。普通は入射スリット,コリメータレンズ (または凹面鏡) ,分散系 (プリズム,回折格子など) ,結像レンズ (または凹面鏡) ,出射スリットからできている。分光光度計の主要部はモノクロメータである。もっと広い意味では光に限らず,電子線や粒子線をそのエネルギーに従って分散させ,特定のエネルギーのものだけを選び出す装置をいうこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モノクロメータの関連キーワードスペクトロヘリオグラフミクロフォトメーター定偏角プリズム光電光度計単色分光計単色光器凹面格子単色計比色計

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android