コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノクローナル抗体・モノクロナル抗体 モノクローナルこうたい

大辞林 第三版の解説

モノクローナルこうたい【モノクローナル抗体・モノクロナル抗体】

一つのクローン細胞群がつくる一種類の抗体。動物に抗原を注入しても得られないが、抗体産生細胞と分裂能力をもつ腫瘍細胞との雑種細胞を培養して増殖させることにより多量に得られる。体内や細胞に微量に存在する物質の検定や精製・局在性を調べるのに有効。ミサイル療法など、病気の診断・治療にも利用される。単クローン性抗体。単一クローン抗体。 → 雑種細胞

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

モノクローナル抗体・モノクロナル抗体の関連キーワード雑種細胞

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android