コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノサシトンボ(物差蜻蛉) モノサシトンボCopera annulata

世界大百科事典 第2版の解説

モノサシトンボ【モノサシトンボ(物差蜻蛉) Copera annulata】

トンボ目モノサシトンボ科の昆虫(イラスト)。体長45mmくらいのイトトンボで,木陰のある池沼やその流出水に育ち,5~8月に成虫が見られる。羽化直後の個体は,とくに雌では体が著しく黄褐色を帯びているが,成熟すれば黒褐色地に青緑色または黄緑色の条斑を示すようになる。北海道から九州までふつうに見られ,また朝鮮半島,台湾,中国よりタイ,マレーシアにかけて分布する。雄の中・後肢の脛節(けいせつ)は少し幅広く白色となるが,グンバイトンボのように著しく広がることはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android