コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モフタル・ルビス Mochtar Lubis

世界大百科事典 第2版の解説

モフタル・ルビス【Mochtar Lubis】

1922‐2004
インドネシアの作家,ジャーナリスト。西スマトラ生れ。日本軍の占領中,同盟通信社に勤め,独立革命期にアダム・マリクらとアンタラ通信社を設立。独立戦争ゲリラ兵の生と死を見つめた《明日はない》(1950),小心な一教師の姿を通して革命の情熱,野蛮を描く《果てしなき道》(1952)で作家として名声を得る。その後,独立後の特権階級の腐敗をえぐった《ジャカルタの黄昏》(1963)などの小説を発表する一方,《インドネシア・ラヤ》紙を主宰してスカルノ政権の独裁を告発。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モフタル・ルビスの関連キーワード島津保次郎[各個指定]工芸技術部門ICタグスマトラ島沖地震・津波イメルダ スタウントンアイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone