コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジハグマ(紅葉葉熊) モミジハグマAinsliaea acerifolia

1件 の用語解説(モミジハグマ(紅葉葉熊)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モミジハグマ(紅葉葉熊)
モミジハグマ
Ainsliaea acerifolia

キク科の多年草。日本の本州中部以西に分布し,やや深山の樹陰に生える。茎は単一で分枝せず高さ 40~80cmで直立し,長毛がまばらに生える。茎の中部に数枚の葉が輪生状に互生する。葉は掌状に7~9 (11) 片に中裂し,薄質で両面とも毛がある。夏から秋に,茎の上部に穂状に白色の頭状花をつける。頭花には3個の管状花があり,花冠は5裂してそり返る。総包は細長く,かすかに紅色を帯びる。果実は痩果で紫褐色の冠毛がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone