コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジハグマ(紅葉葉熊) モミジハグマAinsliaea acerifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モミジハグマ(紅葉葉熊)
モミジハグマ
Ainsliaea acerifolia

キク科の多年草。日本の本州中部以西に分布し,やや深山樹陰に生える。は単一で分枝せず高さ 40~80cmで直立し,長毛がまばらに生える。茎の中部に数枚の葉が輪生状に互生する。葉は掌状に7~9 (11) 片に中裂し,薄質で両面とも毛がある。夏から秋に,茎の上部に穂状に白色の頭状花をつける。頭花には3個の管状花があり,花冠は5裂してそり返る。総包は細長く,かすかに紅色を帯びる。果実は痩果で紫褐色の冠毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モミジハグマ(紅葉葉熊)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android