モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸木)(読み)モミジバスズカケノキ(英語表記)Platanus acerifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸木)
モミジバスズカケノキ
Platanus acerifolia

スズカケノキ科の落葉高木。アジア産のスズカケノキと北アメリカ産のアメリカスズカケノキの交配種で,両母種の中間的な形態をしている。公園樹や街路樹として世界の温帯各地で広く栽植され,日本でもいわゆるプラタナスとして植えるのは大部分がこの雑種である。樹高 30mになるが,栽植されるものは通常 10m以下である。カエデバスズカケノキともいう。 (→スズカケノキ〈鈴懸木〉 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android