コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モメンヅル(木綿蔓) モメンヅルAstragalus reflexistipulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モメンヅル(木綿蔓)
モメンヅル
Astragalus reflexistipulus

マメ科の多年草。北海道および本州の山地に自生する。茎は長く地上をはい軟らかく,上部が斜上して 1mほどになる。葉は互生し,5~10対の小葉のある奇数羽状複葉で,小葉は長さ2~5cmの楕円形である。夏に,長さ2~3cmの総状花序をつけ,10個内外の蝶形花を開く。花は長さ 13mmぐらいで淡黄緑色をし,長さ 2mmぐらいの線形の包葉をもつ。旗弁は他の弁より長い。豆果 (莢) は湾曲し,細毛があり長さ 4cmぐらいになる。近縁種が多く,ムラサキモメンヅル,シロウマオウギなど高山植物として知られるものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android