コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモトンボ[山] Volcán Momotombo

1件 の用語解説(モモトンボ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モモトンボ[山]【Volcán Momotombo】

ニカラグアの西部,マナグア湖の北西岸にある円錐状の火山。標高1258m。ニカラグアの北西端のコシキナ火山から南東にのびる20余りの火山列にあり,たびたび激しい噴火を繰り返している。1609年の噴火では,その西麓のマナグア湖畔にあった,かつてのレオン市を全滅させた。1905年の噴火ののち,火山活動は静かになり,頂上近くまで樹木が生育している。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モモトンボ[山]の関連キーワード恵庭岳グラナダニカラグアニカラグア湖パラグアイ川パラナグアマナグア焦性グアノ岩石質グアノ洞穴グアノ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone