モモノメイガ(桃野螟蛾)(読み)モモノメイガ(英語表記)Conogethes punctiferalis

世界大百科事典 第2版の解説

モモノメイガ【モモノメイガ(桃野螟蛾) Conogethes punctiferalis】

鱗翅目メイガ科の昆虫。モモノゴマダラノメイガともいう。翅の開張2~2.5cm。体翅とも橙黄色で,黒点をちりばめ,外横線は鋸歯状に屈曲する。触角は鞭状で,前翅の長さの2/3をこえる。北海道を除く日本全国のほか,中国から東南アジアに広く分布する。幼虫は広食性で,各種の果実に食入する大害虫として知られ,クリ,モモ,リンゴ,ナシ,ミカンなどに加害する。年2~3回の発生で,幼虫態で越冬する。地域によって異なるが,一般に第1回目の幼虫は6月ころに出現し,7月に老熟する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android