コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモ穿孔細菌病

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

モモ穿孔細菌病

気孔や傷口から細菌が侵入し、葉や枝、果実に黒褐色病斑ができ、穴があく。風雨で飛散して伝染するため、風当たりの強いところや湿度の高いところで発生が多い。細菌は越冬し、翌年、再び病斑をつくる。

(2007-09-15 朝日新聞 朝刊 山形全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android