コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモ穿孔細菌病

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

モモ穿孔細菌病

気孔や傷口から細菌が侵入し、葉や枝、果実に黒褐色病斑ができ、穴があく。風雨で飛散して伝染するため、風当たりの強いところや湿度の高いところで発生が多い。細菌は越冬し、翌年、再び病斑をつくる。

(2007-09-15 朝日新聞 朝刊 山形全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android