コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヨバンバ Moyobamba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モヨバンバ
Moyobamba

ペルー北部,サンマルティン県県都熱帯雨林におおわれたアンデス山脈東斜面にあり,アマゾン川水系ワヤガ川の支流マヨ川を見おろす急崖の上に位置する。標高約 860m。インカ帝国の集落があった地にスペイン人によって建設された古い町で,植民地時代には重要な商業中心地であった。現在は周辺に広がる農業地帯の中心地で,綿花,サトウキビ,タバコ,カカオ,米などを集散し,アルコール,蒸留酒ぶどう酒パナマ帽などを製造する。近くに温泉,金鉱,および小規模ながら油田がある。長い間周辺地域から孤立していたが,1970年代初め道路が通じ,アンデス山中のカハマルカ,チャチャポヤス方面,および東のアマゾン低地と結ばれた。人口2万 6000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android