モラトリアム(読み)もらとりあむ(英語表記)moratorium

翻訳|moratorium

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モラトリアム(支払猶予)
もらとりあむ
moratorium

国家が法令によって民間や国家の債務の支払いを一定期間強制的に猶予させる措置をいう。「支払猶予」と訳され、その目的は信用秩序の維持である。歴史上、日本では1923年(大正12)の関東大震災のときに震災地に限定して30日間、1927年(昭和2)の金融恐慌では全国的に3週間の支払猶予令が出された。またアメリカでは、大不況の1933年に国内的なモラトリアムが実施された。国際的モラトリアムとしては、1931年に政府間債務に対して行われた「フーバー・モラトリアム」がある。しかしながらモラトリアムは、今日の民主主義の時代には考えられない措置であるから、まさに歴史上の事柄といえる。
 第二次世界大戦後は、国際通貨基金(IMF)体制と世界銀行を柱に国際金融秩序が維持されるシステムになったことから、このような問題にはIMFが前面に出て解決する方法がとられている。たとえば、国際金融の世界で1980年代前半に開発途上国において累積債務問題が起こり、ブラジル、アルゼンチンの中南米諸国、それにフィリピン、エジプト、旧ユーゴスラビアなどが債務の支払いを猶予させながらIMFの指導と融資によって、それぞれの国の国民経済の再建を実行させることで金融危機を回避する方法がとられた。このIMF方式は、1994年のメキシコの通貨危機、97年のタイの通貨危機などによる金融危機においても利用されている。[石野 典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モラトリアムの関連情報