モラドール(英語表記)morador[ポルトガル]

世界大百科事典 第2版の解説

モラドール【morador[ポルトガル]】

〈居住者〉の意。ブラジルファゼンダ,とくに北東部のサトウキビ大農場で農場内に居住する隷農を指す。歴史的には,17,18世紀,ブラジルの北東部の奴隷労働に基づく砂糖農園(エンジェーニョ)の成立,発展の過程で現れる。農場主を頂点とし,奴隷を底辺として構成される農場社会にあって,農業生産部門では,ラブラドールlavradorとモラドールは,主要な中間層を構成した。ラブラドールは,植民のための分与地(セズマリア)を入手し製糖場を建設するだけの資格または資金のない白人植民者(農場主の子息や兄弟であることが多い)で,農場内で借地しサトウキビ栽培を行う刈分農(分益農)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android