コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラルハザード(moral hazard)

外国為替用語集の解説

モラルハザード(moral hazard)

規律の喪失倫理観の欠如した状態のこと。政府の規制を整備する際に、それに伴って発生した行政機関と対象企業との癒着や仲介役の政治家の利権行動などにおいて、モラルの欠如した行動が発生することが少なくない。また、金融においては、セーフティネットの存在により、金融機関経営者株主や預金者等が、経営や資産運用等における自己規律を失うことを指す。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

モラルハザード(moral hazard)の関連キーワードチェンマイ・イニシアティブ東京証券取引所(株)セーフティーネットプルーデンス政策モラル・ハザードモラルハザードモラル・リスクホルムストロムスティグリッツ情報の非対称性アジア通貨基金官民ファンド国際査察制度日本振興銀行情報の経済学道徳的危険ASEAN民事再生法マーリーズ保険の用語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android