コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラル・リスク moral risk

世界大百科事典 第2版の解説

モラル・リスク【moral risk】

保険の用語で,モラル・ハザードmoral hazardという語も使われるが,どちらも〈道徳的危険〉と訳される。保険契約者あるいは被保険者の性格またはこれらの者と接触する者の性格にかかわる危険をいう。保険は偶然な事故を前提とする経済制度であり,この偶然な事故発生の不確実性または可能性を〈リスク(危険)〉と呼ぶ。〈リスク〉は保険理論上は,いろいろな角度からこれを分類,分析しうるが,これを保険契約申込みの対象となるものに付随した物理的危険(実体的危険)と道徳的危険(モラル・リスク)に分けることができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

モラル・リスクの関連キーワード死亡保険金受取人逆選択

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android