モリソン(読み)もりそん(英語表記)Van Morrison

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モリソン(Van Morrison)
もりそん
Van Morrison
(1945― )

イギリスのミュージシャン。ブルースやリズム・アンド・ブルース、ソウル・ミュージック、ジャズなどを完全に消化したまったく独自の唱法により、非黒人としては最高のソウル・シンガーの一人という不動の評価を1960年代から維持してきた。
 ベルファスト生まれ。母親はブルース、ジャズ・シンガー、父親はジャズやブルースのレコードのコレクターとして地元でも有名だった。そんな家庭環境もあって幼少時から音楽に夢中になり、ギターやサックスなどをマスター、14歳で学校をやめて地元のバンド、モナークスに加入し、本格的にプロ・ミュージシャンとしてスタートする。そして1963年にゼムを結成し、イギリスのデッカ・レコードと契約を結ぶ。ロンドンに拠点を移して、65年にデビュー・アルバム『ゼム』を発表。リズム・アンド・ブルースやソウル・ミュージックを基調としたビート・バンドとして一躍注目を集めた。しかし、メンバー交替が激しくバンドのとしての一体感がなかなか持続しなかったため、66年のセカンド・アルバム『ゼム・アゲイン』を発表して間もなく、モリソンはゼムを脱退、以後ソロ・アーティストへと転じる。
 ゼムのプロデューサーだったバート・バーンズBert Berns(1929―67)の招きでアメリカに渡ったモリソンは、バーンズが設立したバング・レーベルから、67年にソロ・デビュー・アルバム『ブロウイン・ユア・マインド』を発表、そこからのシングル・カット曲「ブラウン・アイド・ガール」を大ヒットさせた後、ワーナーへ移籍し、いよいよ本格的にソロ・キャリアを積んでいくことになる。その第一弾として、ジャズ・ベーシストのリチャード・デービスRichard Davis(1930― )やモダン・ジャズ・カルテットのドラマー、コニー・ケイConnie Kay(1927―94)など、主にジャズ畑のミュージシャンたちをバックにして、ほとんど一度の録音でつくられたアルバム『アストラル・ウィークス』(1968)は、軽やかなアンサンブルとモリソンのソウルフルなボーカルが臨機応変に絡み合った歴史的傑作として長く聴き継がれている。
 以後も『ムーンダンス』(1970)や『テュペロ・ハニー』(1971)などの傑作をつぎつぎと発表してゆくが、彼の表現は、黒人音楽を完全に消化したブルーアイド・ソウル(白人によるソウル・ミュージック)というだけでなく、自身のアイデンティティをどこまでも深く探求してゆこうとするスピリチュアルな旅でもあった。とりわけ、ケルト人としてのアイデンティティに対する意識は作品に反映され、74年の『ヴィードン・フリース』あたりから徐々に表面化し、80年の『コモン・ワン』以降さらに強まり、アイリッシュ・トラッド・バンドのチーフタンズと組んだ88年の『アイリッシュ・ハートビート』で頂点に達した。その後もモリソンの歌は、リズム・アンド・ブルースともソウル・ミュージックともジャズともロックともフォークともつかない不思議な振幅をもつ一種の聖歌として、多くの人を魅了し続ける。[松山晋也]
『ジョニー・ローガン著、丸山京子訳『ヴァン・モリソン 魂の道のり』(1994・大栄出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モリソンの関連情報