コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モリーゼ[州] Molise

1件 の用語解説(モリーゼ[州]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モリーゼ[州]【Molise】

イタリア中部,アドリア海に面する州。面積4438km2,人口33万(1994)。1963年の法律によりアブルッツィ・エ・モリーゼ州から分離して州に昇格。カンポバッソ,イゼルニアの両県からなり,州の90%が高地である。州都はカンポバッソ(人口4万8291,1981)。農業,牧畜を主とし,労働人口の46.6%が従事。1951‐71年の20年間に全人口の21%が出稼ぎのため流出。中世にはランゴバルド族ベネベント公国領,ノルマン朝シチリア王国時代にモリーゼ行政区Comitatus Molisiiとなり,今日の地方区分の基となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モリーゼ[州]の関連キーワードアドリア海イオニア海ビアレッジョマルケイタリア半島アブルッツォオレビッチソリンタルティーニ広場アドリア海襲撃指令

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone