モリーゼ[州](英語表記)Molise

  • モリーゼ

世界大百科事典 第2版の解説

イタリア中部,アドリア海に面する州。面積4438km2,人口33万(1994)。1963年の法律によりアブルッツィ・エ・モリーゼ州から分離して州に昇格カンポバッソ,イゼルニアの両県からなり,州の90%が高地である。州都はカンポバッソ(人口4万8291,1981)。農業,牧畜を主とし,労働人口の46.6%が従事。1951‐71年の20年間に全人口の21%が出稼ぎのため流出。中世にはランゴバルド族のベネベント公国領,ノルマン朝のシチリア王国時代にモリーゼ行政区Comitatus Molisiiとなり,今日の地方区分の基となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android