モルゲンシュテルン(読み)もるげんしゅてるん(英語表記)Oskar Morgenstern

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルゲンシュテルン(Oskar Morgenstern)
もるげんしゅてるん
Oskar Morgenstern
(1902―1977)

ドイツのシレジア生まれの経済学者で、フォン・ノイマンとともに『ゲームの理論と経済行動』(1944)の共著者として知られている。1925年にウィーン大学で博士号を取得。アメリカに留学し、29年に帰国、ウィーン大学の私講師となり、35年同大学教授となる。一方、31年から38年までオーストリア景気研究所所長や『国民経済雑誌』の編集者を兼ねた。38年ナチスがオーストリアを合邦すると、アメリカに亡命し、プリンストン大学教授となり、70年までその職にあった。オーストリア時代に『経済予測』(1928)、『経済政策の限界』(1934)を著し、経済行動のゲーム的側面に着目していたが、プリンストン高等研究所で、すでに独立に「ゲームの理論」の着想をはぐくんでいた大数学者ノイマンとの出会いは、彼らの独創的な共同の偉業として結実した。[佐藤隆三]
『銀林浩他監訳『ゲームの理論と経済行動』全五冊(1972~73・東京図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android