モルフェウス(読み)もるふぇうす

世界大百科事典内のモルフェウスの言及

【ニレ(楡)】より

…ギリシア神話では,冥界から妻エウリュディケを連れ戻せなかったオルフェウスが,悲しみに暮れて弾いた竪琴の力でこの世に生じた木とされるほか,ブドウとの関連からディオニュソス(バッコス)の聖木とも考えられた。また夢の神モルフェウスMorpheusとも結びつけられ,その下で眠る者は悪夢に襲われるという。【荒俣 宏】
【ニレ科Ulmaceae】
 双子葉植物,約15属200種が北半球温帯から南半球亜熱帯にかけて分布する(図)。…

【ヒュプノス】より

…夜の女神ニュクスの子で,死の神タナトスの兄弟とされる。夢の神モルフェウスMorpheusはその子。有翼の青年で,疲れた人間の額を木の枝で触れるか,角から液体を注いで,人を眠りに誘うと考えられた。…

※「モルフェウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android