コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モル旋光度 モルせんこうどmolar rotatory power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モル旋光度
モルせんこうど
molar rotatory power

分子旋光度ともいう。旋光性物質の旋光能を比較する目的で用いる量。波長λ,温度 t での比旋光度を としたとき,モル旋光度は で定義される。ただし Mは分子量である。モル旋光度は 1モル溶液の液層 1cmの旋光度に比例する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のモル旋光度の言及

【旋光性】より

…たとえば20℃におけるショ糖のナトリウムD線に対する比旋光度は=66.5゜として示す。(2)比旋光度[α]λtに光学活性物質の分子量Mをかけた量は分子旋光度molecular rotatory power,またはモル旋光度molar rotatory powerといい,溶液1000cc中に旋光性物質を1mol含む溶液が1mの液層に示す旋光角であり,分子固有の旋光度を比較するのに便利な量である。(3)結晶の旋光度は,ふつう1mmの厚さの層についての旋光角で表す。…

※「モル旋光度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報