コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロー美術館 モローびじゅつかんMusée Gustave Moreau, Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロー美術館
モローびじゅつかん
Musée Gustave Moreau, Paris

フランスのパリにある美術館。モローの遺志により,1898年にその邸宅とアトリエの作品すべてが政府に寄贈されたのを受け,友人アンリ・リュップの尽力により 1903年に開館。初代館長にはモローの弟子のルオーが就任。 43年国立美術館連合に編入された。『一角獣』『サロメ』『ユピテルとセレメー』などの油彩画約 800点,水彩画約 600点,素描約 7000点を収蔵する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のモロー美術館の言及

【モロー】より

…モローを敬愛してその門下に集まった画家に,H.マティス,G.ルオー,A.マルケ,カモアンCharles Camoin,マンギャンHenri Charles Manguinらがおり,彼らは20世紀初頭,フォービスムを起こして新しい絵画動向を担った。生涯を送ったパリ,ラ・ロシュフーコー街の自宅は,死後,国に寄贈され〈モロー美術館Musée Gustave Moreau〉となった。ちなみに初代の館長は,愛弟子G.ルオーであった。…

※「モロー美術館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モロー美術館の関連キーワードモロー(Gustave Moreau)ジョージ ルオー踊るサロメ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モロー美術館の関連情報