コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンチセル橄欖石 モンチセルかんらんせきmonticellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンチセル橄欖石
モンチセルかんらんせき
monticellite

橄欖石の一種。 CaMgSiO4斜方晶系。無色,白色で普通粒状,柱状の結晶をなす。硬度5~5.5,比重 3.2。マグネシウムの一部が少量の鉄 (II) で置換されている場合が多い。石灰質岩石の高温の接触変成作用により生じる。まれに塩基性アルカリ火成岩に含まれる。イタリアの鉱物学者 T.モンチセルにちなんで命名された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モンチセル橄欖石の関連キーワードカンラン石(橄欖石)モンチチェリ橄欖石(データノート)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android