モンテッソーリ教育(読み)もんてっそーりきょういく(英語表記)The Montessori method

知恵蔵miniの解説

モンテッソーリ教育

イタリアの医学博士マリア・モンテッソーリ(1870~1952年)が考案した教育法。0歳から24歳までを四つ発達段階に区切り、それぞれの段階に応じた環境を整えて人間形成を促す。決められたカリキュラムはなく、個々の感性や自発性を尊重し、独自の木製教具を用いた学習支援を行う点が大きな特徴。感覚器官を刺激する玩具によって知的障害児の知的水準を高める自身の手法を健常児に応用したもので、1907年に貧困層を対象とした保育施設「子どもの家」を設立し、そこでの実践を通して教育法として完成させた。以後、世界中に広まり、日本には四つの発達段階のうち幼児期に焦点を当てた幼稚園や保育園などが設立されている。米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、英王室のウィリアム王子などモンテッソーリ教育を受けた著名人は数多く、日本では将棋棋士の藤井聡太が学んだことで知られている。

(2017-7-4)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンテッソーリ教育の関連情報