コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンポウ:ペセブレ/piano solo Pessebres

1件 の用語解説(モンポウ:ペセブレ/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

モンポウ:ペセブレ/piano solo

第一次世界大戦から、母国スペインで6年間すごしていたモンポウは、1914年から1917年にかけてこの《ペセブレ》を作曲した。ペセブレとはスペイン語で、キリストが誕生した馬小屋の「かいば桶」、キリストの ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンポウ:ペセブレ/piano soloの関連キーワード欧州大戦世界大戦第一次世界大戦IWWWW1ベテランズデーヨーロッパの火薬庫竹垣純信モンポウ:魔法の歌/piano soloモンポウ:郊外(町はずれ)/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone