モーガン(Lee Morgan)(読み)もーがん(英語表記)Lee Morgan

  • 1938―1972

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカのジャズ・トランペット奏者。フィラデルフィア生まれ。父親はトランペット、トロンボーンを吹き、姉、兄ともにジャズ好きという家庭環境に育ち、幼児期からジャズに親しむ。13歳でミュージシャンになる決意をし、14歳でトランペットを買い与えられる。ほぼ独学で技術を習得、トランペット奏者クリフォード・ブラウンに憧れ猛練習を重ね、高校に入学するころにはダンス・パーティーなどで演奏を始める。15歳で自分のバンドを結成、地元のクラブ「ミュージック・シティ」に出入りし、ニューヨークからやってくる一流ジャズマンたちの演奏にじかに接する。

 1956年、ドラム奏者アート・ブレーキーと彼の率いるバンド、ジャズ・メッセンジャーズがフィラデルフィアを訪れた際、2週間サイドマンを務めるというチャンスを得る。同年、18歳でトランペット奏者ディジー・ガレスピーの楽団に加入、驚異の新人としてニューヨークのファンに迎えられ、ただちに初レコーディングにして初リーダー作『リー・モーガン・インディード!』(1956)録音という快挙をなす。そればかりでなく、なんと翌日にも他のレコード会社にリーダー作『イントロデューシング・リー・モーガン』を吹き込むという離れ業をやってのける。

 1958年ジャズ・メッセンジャーズに入団、アルバム『モーニン』『サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ』のレコーディングに参加し、ジャズ・メッセンジャーズおよびモーガンの人気は決定的なものとなる。

 1961年(昭和36)、モーガンとテナー・サックス奏者ウェイン・ショーターが加わったジャズ・メッセンジャーズが来日、一大ファンキー・ジャズ・ブームを巻き起こす。日本に大衆レベルでジャズが浸透したのは彼らの公演がきっかけとなっており、モーガンの日本での人気も沸騰する。

 1962年体調を崩し故郷に戻る。1963年ジャズ・シーンに復帰し、ジャズ・ロックの代表作といわれたアルバム『ザ・サイドワインダー』を録音、翌1964年発売と同時に『ビルボード』Billboard誌アルバム・チャート25位に入るという、ジャズ・アルバムとしては異例の大ヒットとなり、タイトル・ナンバーがテレビのコマーシャルに使用される。

 1964年、ジャズ・メッセンジャーズに復帰、翌1965年メンバーの一員として再度来日。同年ジャズ・メッセンジャーズを離れフリーランスとして活動。1970年、テレビなど放送メディアに黒人音楽家を出演させるための組織「ジャズ・アンド・ピープルズ・ムーブメント」(J&PM)のメンバーとして、テレビ・ショー録画中のスタジオに乗り込み、抗議運動を展開する。1972年ニューヨークのクラブ「スラッグス」に出演、休憩時間に女性関係のもつれから愛人に射殺される。ほかの代表作に『リー・モーガンVol. 3』『キャンディ』(ともに1957)、『ソニック・ブーム』(1967)がある。

 彼のトランペット奏法は、ブラウン直系の、楽器の特性を生かしたストレートで輝かしい音色を特徴とし、そこに少し大衆的なフレーズを付け加えたところが、多くのファンに受け入れられた理由である。

[後藤雅洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android