モーセの律法(読み)もーせのりっぽう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーセの律法
もーせのりっぽう

モーセの手になると伝えられる『旧約聖書』巻頭の五書、モーセ五書をさす。モーセは律法(トーラー)の賦与者としてユダヤ教では深く尊崇されている。イスラエルの民を連れてエジプトを脱出の途次、モーセがシナイ山で神からこの律法を授けられ、民にこれを示したとする故事による。[石川耕一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android