コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第6番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto) Konzert für Klavier und Orchester Nr.6

1件 の用語解説(モーツァルト:ピアノ協奏曲 第6番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第6番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)

第4番までは他人の作品を編曲したものなので、実質的には、この作品はモーツァルトの2番目のピアノ協奏曲であるといえる。前作から2年の間をおいて、1776年1月に作曲された。おそらく第5番と同様、モーツ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第6番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)の関連キーワードアンソロジー貸し借りは他人兄弟は他人の始まりモーツァルト:ピアノ協奏曲 第5番 ニ長調/piano and orchestra(concerto)リスト:歌劇「ファウスト」のワルツ(グノー)/piano soloモーツァルト:3つのピアノ協奏曲 1.ニ長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:3つのピアノ協奏曲 2.ト長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:3つのピアノ協奏曲 3.変ホ長調/piano and orchestra(concerto)ホロヴィッツ:死の舞踏/piano soloカッツ=チェルニン:ロシアン・ラグ(縮小編曲版)/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone