モーリス グールドモンターニュ(英語表記)Maurice Gourdault-Montagne

現代外国人名録2012の解説

モーリス グールドモンターニュ
Maurice Gourdault-Montagne


国籍
フランス

専門
外交官

肩書
駐英フランス大使 駐日フランス大使

生年月日
1953/11/16

出生地
フランス パリ

学歴
パリ大学法学部;フランス国立東洋語学校;パリ政治学院卒

経歴
1978年フランス外務省に入省。アジア局を振り出しに、インドやドイツのフランス大使館に勤務した後、外務省副報道官を経て、’93〜95年アラン・ジュペ外相の副官房長を務める。’95年ジュペ首相就任に伴い首相府官房長に就任。’98年ジャック・シラク大統領顧問となり、同年4月シラク大統領の訪日に同行。’98年6月駐日大使に任命。2002〜2007年シラク大統領の外交顧問を務め、2003年エビアン・サミットで議長国フランスのシェルパを担当。2007年より駐英大使。専門のヒンズー語や中国語のほか、ドイツ語、英語にも堪能。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android