コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーレショット(英語表記)Moleschott, Jacob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーレショット
Moleschott, Jacob

[生]1822.8.9. スヘルトヘンボス
[没]1893.5.20. ローマ
オランダ生まれのドイツの生理学者,哲学者。モレスコットともいう。ハイデルベルク大学で医学を修め,同大学講師となったが,唯物論的思想のゆえに追われた (1854) 。のちチューリヒ,トリノ,ローマ各大学の生理学教授。脳の活動すなわち思考は大脳皮質にリンを含む脂肪が存在することによると主張し,人間は感覚的経験により物の認識を得るとした。また世界は物質の運動であり,一切は自然法則に従うという極端な唯物論を説いた。主著『植物と動物における新陳代謝の生理学』 Physiologie des Stoffwechsels in Pflanzen und Tieren (1851) ,『光と生命』 Licht und Leben (1856) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android