コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーレショット モーレショットMoleschott, Jacob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーレショット
Moleschott, Jacob

[生]1822.8.9. スヘルトヘンボス
[没]1893.5.20. ローマ
オランダ生まれのドイツの生理学者,哲学者。モレスコットともいう。ハイデルベルク大学で医学を修め,同大学講師となったが,唯物論的思想のゆえに追われた (1854) 。のちチューリヒ,トリノ,ローマ各大学の生理学教授。脳の活動すなわち思考は大脳皮質にリンを含む脂肪が存在することによると主張し,人間は感覚的経験により物の認識を得るとした。また世界は物質の運動であり,一切は自然法則に従うという極端な唯物論を説いた。主著『植物と動物における新陳代謝の生理学』 Physiologie des Stoffwechsels in Pflanzen und Tieren (1851) ,『光と生命』 Licht und Leben (1856) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モーレショットの関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android