コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤオ(瑤)族 ヤオぞくYao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤオ(瑤)族
ヤオぞく
Yao

中国の少数民族。おもに湖南省,広東省,コワンシーチワン (広西壮) 族自治区に居住するが,ベトナム北部,ラオス,タイにも分布。ベトナム北部ではマン族 Manと呼ばれる。中国領内の人口約 225万 (1990) 。言語はミヤオ語と関係が深いが,その系統は明らかでない (→ミヤオ=ヤオ諸語 ) 。山地に居住して焼畑耕作を営むが,地域によっては棚田による水田耕作も行われる。社会組織には父系的な親族集団が認められ,婚前性交が自由で,子供が生れてから結婚を定める習俗がある。婚姻は一夫一婦婚が普通であるが,富裕階級では一夫多妻婚がみられる。精霊信仰や祖先祭祀が盛んで,中国では犬を祖先とする槃瓠 (ばんこ) 神話がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤオ(瑤)族の関連キーワードホンホー(紅河)ハニ(哈尼)族イ(彜)族自治州オーストロアジア系諸族ホーチー(河池)地区クンホー(昆河)鉄道リンリン(零陵)地区ユンナン(雲南)省ユワン(元)江ハニ(哈尼)族ホー(賀)県ショオ族汪直楚軍

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android