コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤクシソウ(薬師草) ヤクシソウLactuca denticulata(Youngia denticulata)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤクシソウ(薬師草)
ヤクシソウ
Lactuca denticulata(Youngia denticulata)

キク科の越年草で,アジアの温帯から熱帯に分布する。日本各地の日当りのよい山地や路傍に普通にみられる。全体に無毛で茎は直立し,高さ 30~120cmでよく分枝する。根出葉はさじ形で長い柄があり,茎葉は長楕円形で低い鋸歯があり,柄はなく基部で茎を抱く。夏の終りから秋遅くまで,散房状に頭状花序を多数つける。頭花は黄色の舌状花だけから成り,総包暗緑色である。花後,花柄は下を向き,痩果は黒褐色に熟する。冠毛は白色である。なお葉が羽状に裂けるものをハナヤクシソウと呼び,区別することもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤクシソウ(薬師草)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android