コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤグラゴケ(櫓苔) ヤグラゴケCladonia verticillata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤグラゴケ(櫓苔)
ヤグラゴケ
Cladonia verticillata

ハナゴケ科の樹状地衣類の1種。原野林下の地上または朽ち木上に生じ,第1次的の葉状体は鱗片状で,表面は青緑色,裏面は灰白色で,これに子器柄と称する第2次的の地衣体を生じ,第1次的葉状体は発見しにくくなる。子器柄は長いらっぱ状となり,中心から2次,3次のものを生じて,3~5階の階層となるので,この和名がつけられた。高さ3~5cm,太さ 1.5mm。まれにらっぱ状に開いた部分の縁にあたるところに短い柄をもち表面褐色の子器を生じる。本州,北海道に産し,中国,ヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android