コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤグラタケ(櫓茸) ヤグラタケAsterophora lycoperdoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤグラタケ(櫓茸)
ヤグラタケ
Asterophora lycoperdoides

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。このキノコはクロハツタケ Russula nigricans,クロハツモドキ R. densifolia,ケシロハツタケ Lactarius vellereus,ツチカブリ L. piperatusなどベニタケ類の子実体の上に寄生する。子実体の傘は球形ないし半球形,径1~3cm,表面は初め白色で,のちに黄褐色から茶褐色になる。これは傘の表面にこの色の厚膜胞子が形成されるためである。傘の裏面には白色のひだを生じ,担子胞子を生じる。柄は径2~5mm,長さ2~4cmで帯褐白色である。北海道,本州およびヨーロッパ,北アメリカに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤグラタケ(櫓茸)の関連キーワードクロハツタケ(黒初茸)

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android