ヤケドタケ(読み)やけどたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤケドタケ
やけどたけ / 火傷菌

毒キノコであるドクササコの別名で、「カショウキン」とよぶこともある。名は、このキノコを食したとき、手足の指先が焼け火箸(ひばし)を刺したように激しく痛むという特異な中毒症からつけられたものである。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android