ヤケドタケ(読み)やけどたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤケドタケ
やけどたけ / 火傷菌

毒キノコであるドクササコの別名で、「カショウキン」とよぶこともある。名は、このキノコを食したとき、手足の指先が焼け火箸(ひばし)を刺したように激しく痛むという特異な中毒症からつけられたものである。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる