ヤコービ(読み)やこーび(英語表記)Karl Gustav Jakob Jacobi

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤコービ(Karl Gustav Jakob Jacobi)
やこーび
Karl Gustav Jakob Jacobi
(1804―1851)

ドイツの数学者。ポツダム生まれ。物理学者M・H・ヤコービは3歳年上の兄。16歳でベルリン大学へ入学し、数学を学び、力量を発揮して1825年に学位を取得した。引き続いてベルリン大学の無給講師(俸給はなく、聴講料だけが収入となる講師)となり、曲面論や空間曲線論を講じた。1827年にケーニヒスベルク大学(現、イマヌエル・カント・バルト連邦大学)の教授となり、1842年ベルリンへ移ったが、生活は恵まれたものではなかった。天然痘を患い、それがもとで他界した。
 ヤコービは、ルジャンドルの楕円(だえん)積分

の逆関数を考え、これをx=snuと表し、これが二重周期関数であることを発見した。これがヤコービの楕円関数の出発点であり、研究の成果をまとめたものが『楕円関数論の新しい基礎』(1829)である。さらにΘ(シータ)関数を導入して、楕円関数論に新しい道を開拓した。またΘ関数を整数論に用いたが、この方法はエルミート、クロネッカーによって発展させられた。アーベル関数にも手を染めたが完成するには至らなかった。このほかにヤコービの名をつけた行列式もある。[小堀 憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android