コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤシャブシ(夜叉五倍子) ヤシャブシAlnus firma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤシャブシ(夜叉五倍子)
ヤシャブシ
Alnus firma

カバノキ科の落葉高木。ミネバリともいう。南日本に分布し,各地の低山に普通にみられる。幹は高さ7~10m,樹皮は灰褐色。冬芽は無柄で不同の2個以上の鱗片に包まれる。葉は狭卵形,先は鋭尖形でふぞろいの鋸歯があり,下面の脈上に毛がある。側脈の数は 10~15対あり,この点,近縁のヒメヤシャブシ A. pendulaでは 20対あまりもあるのと区別できる。雌雄同株で,3~4月頃に,葉と同時に開花,雄花は紐状の尾状花穂を枝先から垂らし,10cmほどの円柱形で黄褐色。雌花は下方の短枝につき長楕円形,紅色の花穂1~2個をつける。小堅果には狭い翼がある。果穂はタンニンが含まれているため,ハンノキと同様染料に用いる。またヒメヤシャブシとともに土木工事の土止め用などによく栽培されるが,これは根瘤をもっていてやせた荒れ地にもよく育つためである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android