コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤショーバルマン(英語表記)Yaśovarman

世界大百科事典 第2版の解説

ヤショーバルマン【Yaśovarman】

?‐745ころ
インドの王。在位715ころ‐745年ころ。ハルシャ・バルダナの死後50年以上経て,諸王朝が割拠した北インドにおいてガンガー(ガンジス)川中流域に台頭し,カナウジを都としてベンガルと中央インドヘ進出,北インドの覇権を握った。王のもとにはサンスクリット劇作家ババブーティらの文人が集まり,文芸が栄えた。しかし王の死後,王国はほどなく滅びた。【山崎 利男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android