コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤショーバルマン Yaśovarman

世界大百科事典 第2版の解説

ヤショーバルマン【Yaśovarman】

?‐745ころ
インドの王。在位715ころ‐745年ころ。ハルシャ・バルダナの死後50年以上経て,諸王朝が割拠した北インドにおいてガンガー(ガンジス)川中流域に台頭し,カナウジを都としてベンガルと中央インドヘ進出,北インドの覇権を握った。王のもとにはサンスクリット劇作家ババブーティらの文人が集まり,文芸が栄えた。しかし王の死後,王国はほどなく滅びた。【山崎 利男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヤショーバルマンの関連キーワードラリターディティヤプレアビヒア寺院アンコール・トムラクシュマナ寺院チャンデーラ朝アンコール朝プレアビヒアプノンバケンプノンクロムワットバナン東バライロレイ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android