コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤシ油(椰子油) やしゆ coconut oil

翻訳|coconut oil

1件 の用語解説(ヤシ油(椰子油)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やしゆ【ヤシ油(椰子油) coconut oil】

熱帯産のココヤシの実の胚乳から圧搾法で採取した油脂。ココナッツ油ともいう。胚乳を乾燥したものはコプラ(含油量63~68%)と呼ばれ,この形で輸出される。コプラから採油するのでコプラ油ともいう。融点20~28℃,比重0.914~0.938,屈折率nD40=1.4477~1.4497。狭い温度範囲で軟化融解する特徴をもつ。脂肪酸組成は,C12(炭素数12)のラウリン酸が最も多く47~56%,次いでC14のミリスチン酸が15~18%,オレイン酸5~11%,ほかにC6(1%),C8(7~9%),C10(5~7%),C16(6~8%),C18(1~4%)の飽和脂肪酸から成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤシ油(椰子油)の関連キーワードコプラココ椰子象牙椰子椰子油ココココナツココアケーキココヤシコプラミールヤシ油

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone