ヤシ油(椰子油)(読み)やしゆ(英語表記)coconut oil

翻訳|coconut oil

世界大百科事典 第2版の解説

やしゆ【ヤシ油(椰子油) coconut oil】

熱帯産のココヤシの実の胚乳から圧搾法で採取した油脂。ココナッツ油ともいう。胚乳を乾燥したものはコプラ(含油量63~68%)と呼ばれ,この形で輸出される。コプラから採油するのでコプラ油ともいう。融点20~28℃,比重0.914~0.938,屈折率nD40=1.4477~1.4497。狭い温度範囲で軟化融解する特徴をもつ。脂肪酸組成は,C12(炭素数12)のラウリン酸が最も多く47~56%,次いでC14のミリスチン酸が15~18%,オレイン酸5~11%,ほかにC6(1%),C8(7~9%),C10(5~7%),C16(6~8%),C18(1~4%)の飽和脂肪酸から成る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android