コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤダケ(矢竹∥箭竹) ヤダケPseudosasa japonica (Sieb.et Zucc.) Makino

世界大百科事典 第2版の解説

ヤダケ【ヤダケ(矢竹∥箭竹) Pseudosasa japonica (Sieb.et Zucc.) Makino】

イネ科の大型のササ。シノダケ(篠竹)の名もある。(かん)はまっすぐで,主として上方から1節に1本の枝が出る。細長い葉が垂れ下がり,美しい。名のように昔から弓の矢に用いられる。関東以南に広く自生し,大きいものは直径2cm,高さ5m,茎の節は低く,節間は長い。小穂は10個ぐらい,おしべは3本。稈は弓の矢のほか釣り竿にも用いられ,観賞用に栽植もされる。全国各地で栽培され,中国,台湾の一部にもある。ラッキョウヤダケ(薤矢竹)cv.Tsutsumianaは稈も地下茎も節間が交互にふくれて,ラッキョウをつらねたようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android