コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤッコソウ(奴草) ヤッコソウMitrastemon yamamotoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤッコソウ(奴草)
ヤッコソウ
Mitrastemon yamamotoi

ラフレシア科の一年生の寄生植物。ヤッコソウ科に分類されることもある。日本特産で,四国,九州など暖帯南部のシイノキの根に群れをなして生えるが,稀産である。葉緑素を欠き活物寄生をする。高さ5~7cm。宿主の根の中へ菌糸に似た栄養摂取器官を伸ばす。つぼみは宿主の組織中に生じ,宿主体を破って伸び出す。肥厚した花茎は直立し,鱗片葉が十字対生につく。鱗片葉は上部へいくにつれ徐々に大きくなる。秋,直立した茎頂に花を単生する。花被は筒形に合着し,花後も宿存する。おしべも帽子のように合着して子房を包み,これがはずれると下からめしべが現れ,花被より長くなる。子房は1室で側膜胎座に多数の胚珠をつける。果実は液果状で,網紋のある小型の種子が多数できる。花には蜜があり小鳥が吸いに来る。いわゆる鳥媒花である。鹿児島県日置市のヤッコソウ発生地は国の天然記念物として保護されている。ラフレシア科は世界に約 12属 60種が知られ,主として熱帯に分布し,マレー半島に産する。なかでもラフレシアは有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤッコソウ【ヤッコソウ(奴草) Mitrastemon yamamotoi Makino】

ラフレシア科としては日本にただ一つある寄生植物(イラスト)。栄養体は糸状細胞列で寄主シイの根内を走り,白色の花だけを寄主体から出す。花茎は高さ5cm,3~8対(通常は6対)の鱗状葉を対生し,茎頂に1個の花をつける。4枚の花被は融合して筒となり,さらに内方におしべの融合した雄蕊(ゆうずい)筒がある。この上部にはの融合した葯帯がある。上端の孔は小さい。最内部に子房と柱頭がある。初めは雄花期であるが,やがて子房が肥大して雄蕊筒を押し上げて捨て,雌花期となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android